カードローンの審査とは

カードローンでお金借りるときは必ずといっていいほど審査があります。審査基準はカードローン会社によって異なりますが、全く審査をすることなくお金を貸してくれる消費者金融はありません。

カードローンの審査で入力するべき項目

まず、カードローンは申し込みをするときにさまざまな必要事項を入力します。それにそってカードローン会社が審査をすることとなるでしょう。 審査をする上で必要となる事項は、氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレスが基本です。これは何の毛込みでも必要となります。また、固定電話の有無、運転免許証の有無も必要となる可能性があります。

続いて個人のことです、持ち家か賃貸か、子供はいるかどうかを聞かれることがあります。これは持ち家のほうが借り入れしやすいですが、銀行からローンをしていると借り入れできる金額に上限が出てくるという点や、子供がいる方がお金に困っている場合もあるので、もしかしたら審査に落ちる可能性がある場合があります。 これらの点を含めると、持ち家の実家に住んでいる独身男性が一番審査に受かりやすいととなるでしょう。

続いて勤務先についてです。勤務先名や住所、電話番号だけではなく、勤務先の規模、雇用形態、入社時期や年収まで聞かれます。これが一番カードローンの審査に関わってくるのでしっかりと書くようにしましょう。当然、勤続年数が長く、年収の多い正社員が受かりやすくなります。年収が高くても個人事業主の場合は審査に落ちる可能性もあるでしょう。

最後に他社での借り入れ金額や希望借り入れ金額等の入力をすることもあるので、正しく入力をしてください。

審査はどのようなことをするのか

基本的に審査は申し込み書類に記載されたことを基準に行っていきます。このとき重要になるのが、お金をちゃんと返すことが出来る人かどうかという点です。 しっかりとした収入がある、仕事を辞めることもなく、他社からの借金も少ない人であれば問題なく審査に通るでしょう。

しかし借り入れ希望金額やカードローン会社によっては、年収によって審査を落とされてしまう可能性があります。審査の厳しいカードローン会社は、少しでも不安な部分があると審査を落とす可能性があるので、ちゃんとした収入のある正社員が審査に落ちる可能性もあるのです。 もし落ちたとしても、どうして落ちたのか審査基準などを教えてくれません。そのため落ちたときは潔く他のカードローン会社を探すようにしましょう。