生活保護の受給中にカードローンが利用できない理由

生活保護を受給中で、カードローンが利用できないものかと考えたことがある方もいらっしゃるでしょう。そもそもお金に困っているために生活保護を受けているわけですから、「カードローンを利用できたら楽になるのに」と考えるのも当然です。しかし、生活保護を受給中の方はカードローンの利用はできません。

借金の返済に生活保護費は使えない

生活保護法にはっきりとカードローンの利用禁止と明記されているわけではありませんが、無駄遣いせず節約に努めることが定められています。つまり、生活保護を受給中に借金をしてはいけないのです。車の購入や旅行なども制限されるのが生活保護の受給期間中ですので、カードローンでお金を借りてその返済を生活保護費で充てようというのは違法と解釈されても仕方ありません。

そもそも生活保護受給者は審査に通過しない

法律うんぬんの前に、生活保護を受けている人はカードローンの審査基準を満たしていません。どんなカードローンでも安定した収入が継続してある人にしかお金を貸してくれませんが、たとえ毎月支給されるといっても生活保護費は安定収入にはならないのです。そのため、こっそり申し込んだとしてもカードローン会社が審査を通さないでしょう。

カードローン審査通過の裏ワザはない

何とか生活保護を受けながらお金を借りられないかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、真っ当な方法ではないと言ってよいでしょう。もし「生活保護でも貸しますよ」と近づいてくる業者がいたら、それは闇金と思って間違いありません。カードローンの利用を考えるのは、生活保護に頼らなくても生活できるようになってからにしましょう。